トイレリフォーム 失敗しない人気業者ランキング

          

トップ > トイレリフォーム情報 > トイレをリフォームしたい時に業者に確認する事

トイレをリフォームしたい時に業者に確認する事

 トイレのリフォームをお考えの方に業者を選ぶ際に確認する5つのおすすめポイントをご紹介します。
一つ目は広告に掲載されている金額だけを見ると安いと思われても、工事にかかる代金やシャワートイレがオプションになっている事もある為内訳をしっかり確認下さい。
二つ目は大手メーカーの商品であるかを確認して下さい。
大手メーカーの商品ですとアフターサービスや保証はしっかりしていますし、トイレが今後故障した場合に海外製の物ですとパーツの取り寄せを行ってくれない場合もございます。
三つ目に付きましては実際に工事に来て下さる方が工事を依頼した会社の職人か、下請け職人かという点になります。
下請けの職人の方は次回指名という事はございませんが、自社職人の方は次回何かトラブルの際には指名を頂きたいと心が有るのでおすすめです。
四つ目はじっくりと検討させてくれる会社かという点になります。
やはりリフォームと言いますと金額が有りますので数社に見積もりをお取りになる方が良い為、押し売りをされる業者はおすすめできません。
最後の五つ目はアフターサービスやトラブル対応が充実している会社かどうかと言う点になります。
土日や祝日でも対応して下さるか、保証年数は何時までか、サービス拠点としている場所がお近くにあるかをご確認の上お決め下さい。



 トイレのリフォームに必要な資材を自分で購入

賃貸経営をしている個人投資家の方でトイレのリフォームをしっかりと行って入居者を確保したいと考えている方は、まず自分で必要な資材を購入するようにしましょう。
それはどうしてかというと、自分で必要な資材を購入することで全体にかかる費用を劇的に安くすることができるようになるからです。
そして必要な資材を全て揃えた後、専門の業者に取り付けの依頼をするようにしましょう。
この方法を実践することで驚くほど費用を安くすることができるようになりますから、出費に敏感な個人投資家の方は大変満足することができるのではないでしょうか。
ちなみにトイレのリフォームに必要な資材はインターネット通販サイトで気軽に購入することができます。
ホームセンターよりも安い値段で購入することができることが多いですから、賢い買い物ができるのではないかと考えられます。



 トイレのリフォームでは内装と便器の種類を確認

トイレのリフォームをするときに注意することは、まず最初に部屋の内装と電源の確保工事となります。
電源の確保工事が必要な理由は、今頃の便器はウォシュレットとなっていますが、便座を温めるための機能と脱臭機能が搭載されてるために必要だからです。
そしてもう1つ気を付けることは便器の種類の確認となります。
なぜなら便器でもタンクのないタンクレスと従来のタンクがついてるタイプなど複数あるからです。
タンクレスになった場合は便器の後ろのタンクがなくなるために、それ自体はタンクがついてるタイプに比べて小型コンパクトになります。
しかし代わりに手を洗うための小型水道とキャビネットを別途設置工事する必要に迫られることになります。
そのためどちらが得策かをよく考えなければなりません。
またウォシュレットの便器は一度設置したらそれで終わりではありません。
10年から15年くらいが経つとお尻を洗浄するノズルが老朽化で故障をして取り換えの時期に迫られます。
そのときに再び同じタイプの便器に取り換えるか違うタイプの便器に取り換えるかの検討もしておかなければなりません。

次の記事へ